ロゴマーク
 
 
 

Aリーグ では、県内トップクラスの建築家をご紹介いたします。

Aリーグは、福井でもトップクラスの建築家の中から、あなたに最適な建築家との出会いをプロデュースします。

また、施工は、納得の行くこだわりの家づくりの実現のためのお手伝いとして、信頼のおける登録施工業者から入札等を行います。それらを建築家を交えて比較検討をし、施工業者を決めて頂きます。

登録建築家・施工業者は、「営業経費が不要」「無駄なコンペに参加する必要がない」など、経費削減が可能です。
Aリーグ は、その経費の一部を紹介料として頂くため、お客様からご入会金以外に直接料金を頂く事はありません。しかしながら紹介させていただきました建築家と施工工務店より紹介手数料をいただく関係上無料紹介とは あえて申しません。

またAリーグとの取り決めにより、登録建築家・施工業者が設計・施工費用に紹介料を上乗せすることもありませんのでご安心ください。

Aリーグのマッチングコーディネーターは営業マンではありません。

家を売ることが仕事では有りません。
紹介することが仕事です(仲人のようですね)。
本当に建築家で家を建てたい方だけにピッタリの建築家をご紹介いたします。
したがって、お客様を追いかけての訪問活動は一切いたしません。

建築家へ依頼する場合

建築家へ依頼する場合には、建築家が建て主に代わって見積りの内容をチェックしますが、建築家から見積り内容について説明を受ける際にも理解できるように準備しておきましょう。
見積書は、工事ごとに分けて表されるので、大まかな工事ごとの名称とその意味、一般的な表示の仕方を覚えておきましょう。

工事を工務店に依頼する場合は、一般的に建て主がチェックすることになります。

実際の見積書は、項目ごとに使われる部材の単位まで、事細かに表されることになります。そのため、建築の知識や馴染みのない方には、かえって分かりづらいものになっています。

見積書は契約のもとになる大事なものです。伝えた事がしっかり見積りに入っているか、2重に計上されているものはないか、何が見積りに含まれていない項目か、などをチェックする必要があります。

また、複数の工務店から見積りを取る場合は、工務店によって表示の方法や含まれる工事の項目がまちまちなので、同じ工事細目に整理して検討をしないと、工事費の比較ができません。

設計図の内容が充実している程、見積りをする工務店は正確な金額を弾き出す事ができます。平面図だけの状態で見積りをとっても、細かい部材が拾えず、施工の方法も見当がつかないため、工務店はアバウトな費用を出さざるを得ません。同じ予算で、より充実した内容を求めるなら、こういった手間を惜しまず、ある程度の時間をかけて検討することが本当に重要なことなのです。

ハウスメーカーへ依頼する場合

工務店に依頼した場合の見積りとハウスメーカーの場合は、表示の仕方が異なります。工務店の見積りは部材の細目が表示されますが、多くの場合、ハウスメーカーでは複合単価で表されることが多いと言えます。

例えば工務店の見積りであれば、断熱材は断熱材、柱の木材は木材、釘は釘として、別々に材料、単価、数量が表記されますが、ハウスメーカーの場合、あらかじめ断熱材や使われる木材が決まっているので、これらを合わせたセットの金額と数量が表記されることがあります。

金額も、そのメーカーごとにオープンになっていない価格ですので、比較ができないのが難しいところです。