ロゴマーク
 
 
 
 
1 相性

建築家との家作りは、時間をかけてじっくりと行いますので、建主と建築家の相性は
非常に重要です。性格的な相性やコミュニケーションがうまく取れるかどうかは
大切ですし、家作りに対する考え方や、テイストなどの感性が一致しているかを
確かめるようにしましょう。



2 得意分野

一口に建築家といっても、大規模なマンション、店舗など、人によって手がける
分野は異なります。設計を依頼するのは、やはり住宅をメインに仕事をしている人に
した方がよいでしょう。さらに、その建築家がこれまでに手がけた住宅の写真や、
実際に建てた家を見せてもらいましょう。その人のつくる家の傾向などもわかりますし、
過去の建主と直接話しをしてみれば、より安心し依頼することができます。



3 デザイン

デザイン先行で設計してしまう建築家は避けるべきです。その家族に合った
暮らしやすさより、自分のデザインを重視するような人も中にはいるので
注意しましょう。こうした傾向は、過去に手がけた作品を見れば予想がつきますし、
お会いになると、ある程度わかります。店舗などは別として、家に求めるのは、
奇抜なデザインでも、新しい感性でもなく、心地よい空間だということを忘れない
ようにしたいですね。



4 コストマネジメント

設計の段階で、その家の工事費の概算を見極める。工務店から出た見積りを
チェックする。できる限り建て主の要望を実現しながらコストを予算に納める。
建築家にはこうした一連のコストマネジメント能力が必要です。たとえ素晴らしい
設計でも、予算が大幅に上回るようでは、実際に家は建ちません。
これも、施工例を見せてもらう中で費用についての話をしたり、過去の建主から
話を聞いて確認してみましょう。



5 監理

施工中に現場に足を運び、設計図面どおりに施工が行われているかを確認する
仕事が監理です。監理は設計同様に重要で、きちんと監理しなければ思い通りの
家になりませんし、最悪の場合、不具合や欠陥などが出てしまうこともあります。
建築家には、契約前にどれくらいの頻度で監理をしてくれるのか確認をしましょう。
遠隔地でない限り、最低1週間に1回程度は現場に足を運びます。
多い人は毎日行かないと気がすまないという建築家もいます。