ロゴマーク
 
   
 

【建築家との家づくりスケジュール】

一般的なスケジュールをご紹介します。

A.予算

相談前にまず、用意しましょう。
・ 必要とする家はどのくらいの金額になるのか?
・ 借り入れも含めて、いくら用意できるのか?

という2点から考えていきます。

建てる家にはどんな人が何名住むのか、将来的に何名になるのか。
そのために必要な部屋、収納等を考え、どのくらいの大きさが必要なのかを考えましょう。

また、工事予算だけでなく、家づくりには税金や手続き費用、電気製品や家具などの購入資金、引越し費用や立て替え中の家賃なども必要です。
要望によっては、予算内に納まらない場合もあります。

このように、家づくりには大変お金が掛かります。
事情により、計画を中止せざるをえなかったり、後で返済に困ったりしないよう、余裕を持って予算を決めてください。

B.スケジュール

ご入居されたい時期を決めてください。
規模・時期にもよりますが、約1年の期間を見積っておく必要があります。

また、融資を受ける場合は融資先のスケジュールに合わせて計画を進める必要があります。
土地と建物の費用を合わせて、融資を受ける場合も同様な注意が必要です。

依頼先の検討、資金の調達の目途、設計期間、工事期間を含めて余裕を持った日程を組む事が重要です。

自分の理想と夢を建築家に伝えましょう!
この段階でしっかりとした提案がなければ、納得の行く家づくりは出来ません。
だから、遠慮なく現状の問題点から、将来の人生プランまで、建築家に相談しましょう。

建築家が決まったら、敷地を見てもらいましょう。
敷地状況を踏まえた上で、建築家から提案をしていただきます。
提案内容は、建築家によって様々です。

建築家が基本的な設計プランを提示します。(図面内容としましては、配置図、平面図透視図となります。)

気に入った設計プランが提示されましたら、そこで、建築家との設計監理契約(建築設計・管理業務委託契約)を結んで頂きます。

ここから、建築家との家づくりがスタートします。

そして、基本的な設計プランが具体化していきます。
建築家との打ち合わせには、なるべくご家族全員で参加しましょう。

基本設計に基づき、実地設計を作成します。
これは、建築家のみで行います。
工事を行うための詳細な設計で、構造から配管・配線、設備、内装の仕上げまで細かく記されています。

実地設計が完成した時点で、施工業者数社から見積りを取ります。
その見積りを、建て主と建築家とで検討し、決定します。

決定した施工会社との、工事請負契約を結んで頂きます。

そして、家の施工が始まります。
工事が始まると建築家は、設計図通り施工されているか、使われている部材は仕様通りのものかなど、プロの目で厳しくチェックします。

また、建主本人が現場に行った際に、間違いを発見した場合、直接指示せずに、必ず建築家に連絡しましょう。

建築家との2人3脚の工事期間を終え、引渡しとなります。

その後も建築家を、家の掛かりつけ医として、お付き合いください。

【家を建てるとき大切なことは?】

家を建ててもらうという発想が全てをダメにします。
建てるという明確な意思が必要です。

まず設計監理と施工とをはっきり別と考えてください。
多くのトラブルは施工業者と建主の目標のずれにあります。

施工業者は工事費の中でいかに要領良く利益を作るかを目標におきます。
建主は自分のお金だから自分の夢を実現したいと願うためです。

設計監理とは、建主の望む建物を適正な価格で実現させるための調整で、建主の夢・希望の可否を現実性の中で判断し検討することです。

■設計を依頼するのに必要なことは?

@敷地測量図または公図を用意してください

敷地測量図とは・・・

土地の位置(所在地)、方角(方位)、形状、スケール(間口や奥行きの長さ)、隣地及び道路との高低さや境界線を詳しく記したものです。
法務局または市町村役場にあります。
無い場合は、測量事務所に測量を依頼する必要があります。

公図とは・・・

正確には土地台帳付属地図というもので、もともとは税金をとるための基礎資料です。
土地の隣接関係・相対的な位置関係、大きさをおよその目安で表示されています 法務局または市町村役場にあります。

これらの土地の正確なデータを元に、設計士はプランを作成します。

A土地登記簿を用意してください

土地登記簿・・・

正確には土地登録事項証明書というもので、土地に関する所有者や、その他の権利関係について公示する公の帳簿です。
これを閲覧し、土地の所有者を確認してください。