ロゴマーク
 
 
 

これまでは・・・

家を建てるのに「建築家に頼む」のはすごく贅沢で特別なことだと思われていました。
家を建てるときはハウスメーカーや工務店、大工さんに頼むのがほとんどで建築家に頼んで家を建てるのはごく稀なことでした。現在では多くの人が「建築家」と一緒に家を建てるようになりました。
リフォームなどのテレビ番組の影響もあり「建築家」に興味を示し実際に行動を起こす方が確実に増えてきています。

では、「建築家に頼む」方はどんな人達なのでしょうか?

Aリーグにはハウスメーカーの提案では満足できない方・・・
建築家には興味があるが設計料が高いと誤解している方・・・
建築家とのコンタクトをとる方法がわからない方・・・
など、たくさん来られます。
あなたの家へのこだわりや悩みをお聞かせ下さい。きっと解決できます!


アフターケアもプロの目でご相談

完成後もなにかと相談にのってくれるのが建築家です。
ハウスメーカーなどの営業マンのように転勤や退社がなく、地域密着で仕事をしていますので、長い月日が経っても安心です。
しかも、住宅の設計を行った建築家は、人間で例えると専属医です。
人間のレントゲンにあたる設計図を誰よりも隅々まで理解し、トラブルが発生したときには適切な対処を行ってくれます。建築家といい関係を保てば、困ったときにはこれほど頼れる人間はいません。