プランニング

設計を依頼しようとする建築家が決まったらいよいよ設計に入ります。

この段階で、建主はより具体的な希望を建築家に提示することになります。

・総監督を決める家族の中で、誰が総監督(責任者)になり、建築家との打合せで主導権を

取るかを決めてください。

家族全員の意見が入るべき家なので、話し合いの場を持ち、意見をまとめてください。

広い土地と豊富な予算があれば、家族の要望の全てを満たした家も可能かもしれません

が、現実的には全てというのは、難しいようです。

限られた条件のなかで「希望のランク付」をしなければなりません。

これが明確であればあるほど、いい家が出来るといっていいでしょう。全ての条件を取り入

れようとすると、すべての要求が中途半端にみたされることになり、全体としてのバランス

がとれていないプランになります。

まず、どの希望を上位に持って来るのかを家族で十分に話し合ったり、建築家とよく相談し

たりして下さい。

・ラフプラン

建築家のプランがまとまった段階で、建主にはラフプランが提出されます。

ラフプランは、平面図を使ってプレゼンテーションされることが多いと思います。

ラフプランといっても、ここで家の全体像が決定されますので、慎重に検討する必要があり

ます。現段階では、カーテンや壁紙などの小さなところではなく。全体の構成の善し悪しに

対する検討を行って下さい。

平面図で良く理解出来ない点については、パースやCGなどを使って説明される場合もあり

ます。気に入らない点があれば、どこがどう気に入らないかを、ハッキリと伝えてください。そ

ういう意見も建築家にとって重要な情報です。

設計は全体のバランスが大切です。

この時点であまり細かい事を指摘し過ぎると、せっかく練上げられたプランが台無しになる

こともあります。例えば使用する床材の種類や、キッチンの色といったことは、以後の基本

設計の段階で決めていけばよいことです。

建主に提出するまえに、建築家はいくつものスケッチを描き、検討を重ねているのです。

そのことを踏まえた上で、家の全体像を把握し、判断することが大切なのです。

ラフプランをたたき台にその建築家と住まいづくりを進められるとのお気持ちになられた段

階で設計契約が結ばれることになります。そして、基本設計へと進んでいくというのが一般

的な段取りです。

この段階までは正式な契約は結ばれていませんから、建築家はラフプランの段階で断られ

ても、代金の請求はありません。このように、建主に有利な仕組になっています。しかしなが

らお断りになられる場合には建築家より提出されたプランには著作権がありますので図面

等は全てお返しいただきます。  

これ以降の段階になると、構造計算や設備設計などを、外部のスタッフに依頼する必要も

あり、建築家自身の労力以外の経費がかかってきます。設計契約以後に設計をお断りにな

った場合は、契約の取決めにもとづいて、断わられた段階までの費用を支払っていただく

事となります。

  〒910-0836
福井市大和田2丁目511
FUKUビル3F
株式会社 Aリーグ
TEL 0776-54-8370
FAX 0776-54-8371
 
E-MAIL info@a-league.jp
 
営業時間
AM10:00〜PM7:00
定休日
毎週 水曜日
 

 

 

 

 

 

 

about us | site map | privacy policy | contact us | 2006 福井リフォーム copyright a-league corporation allrights reserved